コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野牛王 くまのごおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊野牛王
くまのごおう

熊野牛王宝印のこと。熊野三山で配布した符印で,妄語を正す熊野の神使であるの絵で図案化した「熊野牛王宝印」の6文字が印刷され,朱の宝印が押してある。護符起請文を記すのに用いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くまの‐ごおう〔‐ゴワウ〕【熊野牛王】

熊野三社から出す護符。75羽の烏の絵を図案化して「熊野牛王宝印」と記したもの。烏は昔から熊野の神使といわれ、中世以降は起請文(きしょうもん)を書く料紙としても用いられた。牛王。牛王宝印。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くまのごおう【熊野牛王】

熊野神社から出す牛王宝印。起請文きしようもんの大半はこれを料紙とし、戦国時代になると烏点宝珠うてんほうじゆという烏を図案化したものが使われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熊野牛王の関連キーワード熊野比丘尼戦国時代烏点宝珠熊野神社熊野信仰七枚起請烏の印神札

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android