熊野の牛王(ごおう)

精選版 日本国語大辞典の解説

くまの【熊野】 の 牛王(ごおう)

熊野三社が発行する牛王宝印。熊野の神使として古来信ぜられている烏を七五羽点綴して、「熊野牛王宝印」と記した護符。熊野神社の神は妄語(もうご)の罪を責めるところから、起請文を記すのに用いられた。熊野牛王。
※源平盛衰記(14C前)四六「熊野(クマノ)の牛王(ゴワウ)尋ね出だして、其の裏に上天・下界の神祇、勧請し奉り、起請文書き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android