コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝印 ほういん

デジタル大辞泉の解説

ほう‐いん【宝印】

仏語。
宝塔や宝珠などに真言を刻んだり、方形や円形の中に卍(まんじ)などを刻んだもの。
三宝のうちの、法宝。
仏・菩薩(ぼさつ)の印契の美称。
牛王宝印(ごおうほういん)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほういん【宝印】

〘仏〙
宝珠・宝塔などに刻まれた仏を象徴する文字や真言。
「牛王ごおう宝印」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宝印の関連キーワード七宝インデン熊野の宝印熊野信仰牛王売り牛玉宝印歌比丘尼牛頭天王内部統制起請継ぎ牛王宝印八枚起請熊野牛王起請文印伝革六地蔵御朱印烏の印宝印刷定款菩薩

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝印の関連情報