熱力学第一法則(読み)ねつりきがくだいいちほうそく(英語表記)first law of thermodynamics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱力学第一法則
ねつりきがくだいいちほうそく
first law of thermodynamics

熱現象において,熱はエネルギーの1種であり,熱エネルギーと力学的エネルギーを合せたエネルギーは保存されるという法則。 19世紀の中頃,R.マイアー,J.P.ジュール,H.L.F.ヘルムホルツらによって確立された。この法則は第一種永久機関をつくることは不可能であると表現することもできる。系の状態が変化するとき,系が得る熱量 Q と外から系になされる仕事 W は,一般に途中の過程によって異なる値をもつが,和 QW は途中の過程によらないで始めと終りの状態によって定まることを主張している。すなわち,系の状態によって定まるエネルギーが存在することになり,これを内部エネルギーという。始めと終りの状態の内部エネルギーを U1U2 と書けば,熱力学第一法則は U2U1QW で表わされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android