コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一種永久機関 だいいっしゅえいきゅうきかんperpetual engine of the first kind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第一種永久機関
だいいっしゅえいきゅうきかん
perpetual engine of the first kind

効率 100%以上の仮想的な装置。加えたエネルギー量より多くの仕事 (エネルギーと同じ) が得られるならば,無から有を生じて莫大な利益が得られるはずである。このような願望から,多くの人々によって巧妙な機構の種々の装置が設計・製作されたが,ついに成功しなかった。 19世紀中期にエネルギー保存則が確立され,この種の装置を得る可能性が否定されて,第二種永久機関の製作に努力が向けられるようになっていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

第一種永久機関の関連キーワード熱力学第一法則永久機関永久運動

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android