コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱田大宮司季兼 あつただいぐうじ すえかね

1件 の用語解説(熱田大宮司季兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熱田大宮司季兼 あつただいぐうじ-すえかね

1044-1101 平安時代後期の神職。
寛徳元年生まれ。藤原実範(さねのり)の子。三河(愛知県)にすんで三河四郎大夫と称し,尾張(おわり)の目代(もくだい)となった。熱田大宮司尾張員職(かずもと)の娘とのあいだに季範をもうけた。康和3年10月7日死去。58歳。本姓は藤原。本名は季風。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熱田大宮司季兼の関連キーワードパガン朝寛徳藤原師実いわゆる債権法寛徳長久パガン朝パガン朝藤原生子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone