熱脆性(読み)ねつぜいせい(英語表記)thermal shortness(brittleness)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱脆性
ねつぜいせい
thermal shortness(brittleness)

金属材料,特に鉄鋼では,ある温度範囲で他の機械的・物理的性質はあまり変化がないのに,衝撃値が突然小さくなり,脆化する現象がある。これが熱脆性で,炭素鋼で顕著なのは比較的低温で起る青熱脆性と高温で起る赤熱脆性である。さらに高温の 1100℃付近で起る白熱脆性もある。以上はその温度での加工中に現れる脆性であるが,一定温度保持後に現れる焼戻し脆性も一種の熱脆性で,炭素鋼,クロム鋼,ニッケルクロム鋼に種々の様相で現れる。焼戻し脆性にはモリブデンの添加が有効である。これらの高温脆性とは別に,室温以下の低温では低温脆性の現象がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android