コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱転写 ねつてんしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

ねつてんしゃ【熱転写】

紙に染料などを印刷して作った転写紙繊維製品を密着させ,熱を加えて染料を紙から繊維製品に移行させる技術をいい,きわめて特殊な捺染(なつせん)の一種である。類似の技術に染料や顔料を転写紙より移行させた後,スチーミングなどの湿式加熱で発色させる湿式熱転写も熱転写に属するが,分散染料を乾式加熱して昇華転写させる乾式熱転写が重要である。歴史的には1958年フランスのマシュール社によって開発されたが,その後,分散染料の選択,バインダー,分散剤のくふうにより,この乾式熱転写の技術は簡便性,良再現性,省エネルギー,入手の容易さなどの点で喜ばれ,印刷会社の製作した転写紙を購入し,家庭でアイロンで転写できるまでになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

熱転写の関連キーワードマイクロドライプリンターインクジェットプリンター昇華型カラープリンターマイクロドライプロセスink ribbonシリアルプリンター近赤外線吸収色素シリアルプリンタ昇華型プリンター感熱プリンター昇華型プリンタタイプライターファクシミリ機能性色素ダイニック印刷インキ熱転写色素プリンター非銀写真電子印刷

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android