コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電対真空計 ねつでんついしんくうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電対真空計
ねつでんついしんくうけい

熱伝導真空計」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の熱電対真空計の言及

【真空計】より

…金属線の温度変化を線に融着した別の熱電対によって読みとることもできる。これを熱電対真空計と呼ぶ。高真空領域では,金属線の支持端からの熱伝導や放射による熱損失のほうが相対的に大きくなり,その変動に信号分が覆われるようになる。…

※「熱電対真空計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android