コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼度 ねんしょうどburnup

翻訳|burnup

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃焼度
ねんしょうど
burnup

核燃料が,原子炉に入れられ,燃焼して取り出されるまでに,どれだけのエネルギーを発生したかを示す量。核燃料 1tあたりが放出した核分裂のエネルギーを用い,MWD (メガワット日) で表わす。核燃料としてのウランが,1g燃焼するまでに発生するエネルギーが約 1MWDである。現在発電に使われている軽水炉では,1tあたり 2.5~3.0万 MWDであるが,高速増殖炉では 10万 MWD以上を目標としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の燃焼度の言及

【燃焼】より

…【秋田 一雄】
【原子力】
 原子炉で核燃料が核分裂によりエネルギーを発生することを燃焼という。その程度を表すには,核燃料単位質量当りから発生したエネルギーを意味する燃焼度burnupを用いる。通常は核燃料1t当りの発生熱エネルギーをMW日で換算し,MW日/tという単位を用いる。…

※「燃焼度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

燃焼度の関連キーワード自動車排出ガス対策技術ジルカロイ金属燃料三岸節子ランプ