コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕石 エンセキ

デジタル大辞泉の解説

えん‐せき【×燕石】

《燕山から出る、(ぎょく)に似るが玉でない石の意》まがいもの。また、価値のないものを珍重し、誇ること。小才の者が慢心するたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんせき【燕石】

〔「山海経北山経」より。燕山から出る石の意〕 玉に似て、玉でない石。まがい物。
〔「太平御覧地部石上」に引く「闞子」にみられる。宋の愚かな男が、燕石を宝石として大切に所蔵していて笑われた故事から〕 価値のないものを宝として誇ること。才のないものが慢心すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

燕石の関連キーワードラム(Charles Lamb)三遊亭円生(初代)長谷川佐太郎中古戯場説達摩屋五一武岡 豊太3月14日達磨屋五一花廼屋蛙麿曲亭馬琴小川顕道富永燕石滝沢馬琴浦島太郎高杉晋作曲淵景漸柏崎具元植田有年黒木茂矩松原竹秋

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android