コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平御覧 たいへいぎょらん Tai-ping yu-lan

6件 の用語解説(太平御覧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平御覧
たいへいぎょらん
Tai-ping yu-lan

中国,宋の類書。李 昉 (りぼう) ら 13人の編。 1000巻。太平興国8 (983) 年成立。太祖の勅命により6年を費やして成った宋代の代表的類書。天,時序,地,皇王に始る 55部門に分類され,各部門がさらに小項目に分けられ,各項目に関連する事項が古典から抜粋,収録されている一種の百科全書

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいへいぎょらん【太平御覧】

中国宋代の類書。1000巻。太宗の命で李昉(りぼう)らが編集。983年(太平興国8年)成立。55門に分かれ、現在伝わらない書を含め1690種の文献を引用し、項目別に分類したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太平御覧【たいへいぎょらん】

中国,宋代の類書。1000巻。李【ぼう】(りぼう)〔925-996〕らが勅を奉じて編。984年完成。天・時序・地など55部門に分類,おのおの古典にみえる関係事項を収録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいぎょらん【太平御覧 Tài píng yù lǎn】

中国,宋初の977年(太平興国2),太宗の勅命をうけて李昉(りぼう)らが編纂した一大類書。1000巻。6年9ヵ月の歳月をかけて,984年に完成した。《易》繫辞の〈凡そ天地の数,五十有五〉にもとづいて,全体を天,時序,地,皇王,偏覇,州郡など55門に分け,あらゆる事類を網羅することを示した。各門はさらに類に分け,すべてで4558類になる。引用書は1660種にのぼり,その7,8割まで現在では失われたものであり,資料の宝庫として,学問上きわめて重要な書物とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいへいぎょらん【太平御覧】

中国の類書。一〇〇〇巻。宋の太宗の勅で李昉りぼうらが983年に完成。天・時序以下五五部門に分けられ、先行の類書など、1690種を引く。その中には現存しないものも多数含まれる。御覧。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平御覧
たいへいぎょらん

中国の類書(一種の百科事典)。北宋(ほくそう)、李(りほう)らが勅を奉じて977年編集に着手、983年に完成。1000巻。天子の御覧に供したことから『太平御覧』と名づけられた。天、地、皇王、州郡、封建、職官、礼、楽、道、釈から四夷(しい)、疾病、妖異(ようい)、動植物に及ぶまで、55部門、5000項目を列挙する。10世紀の代表的な類書の内容をもち、当時の世界観をうかがうことができる。引用文献は1690種に及び、今日亡失して伝わらない書も多く、史料的価値は大きい。宋版の一部は日本の静嘉堂(せいかどう)文庫、金沢(かねさわ)文庫などに所蔵されている。日本でも1855年(安政2)、宋版をもとに出版されている。[柳田節子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太平御覧の言及

【工芸】より


[中国――工芸と巧]
 〈工芸〉はもともと中国の言葉で,その文献上の初出は,現在知られているところでは,《旧唐書(くとうじよ)》閻立徳伝(えんりつとくでん)である。宋代の百科事典,《太平御覧(たいへいぎよらん)》の工芸の部によると,それは射(弓を射ること),御(馬を御すこと),書,数(算数),画,巧,そして囲碁などの勝負を争う各種遊戯,これらにかかわる広い範囲での技能のことであった。ただし,このうち抽象的な言語である巧は,今日いうところの工芸技術をも含む,工作に関する技能を意味していた。…

【自然誌】より

… 中国では3世紀に魏の文帝の命で繆襲(びゆうしゆう)らが《皇覧》(120巻,《隋書》経籍志による)を編纂したのをはじめとして,いわゆる〈類書〉が編纂されるようになった。著名なものとしては宋の李昉(りぼう)らが勅命で編纂した《太平御覧(たいへいぎよらん)》や王欽若(おうきんじやく)が編集した《冊府元亀(さつぷげんき)》,明の王圻(おうき)が親子2代で撰した《三才図会(さんさいずえ)》がある。いずれも天文・地理から始めて草本に終わる分類百科全書であって,日本でも江戸時代に寺島良安によって《和漢三才図会》(1712)ができている。…

【類書】より

…梁の武帝が華林苑のアカデミーに徐勉ら700余人の学者を動員し,8年の歳月をかけて完成させた《華林遍略》720巻がその最初期のものである。《華林遍略》を基礎にして編纂されたのが北斉の《修文殿御覧》360巻,それをさらに3分の1の100巻に縮め詩文を加えたのが唐の《芸文類聚》,《修文殿御覧》を3倍にふくらませたのが宋初の《太平御覧》1000巻である。このうち六朝の2類書は逸文が存するのみであるが,現存する唐・宋の類書との比較研究によって,こうした系譜が明らかになった。…

※「太平御覧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太平御覧の関連キーワード王延徳寇準五代十国太平寰宇記太平広記霊谷寺喩皓繁塔太平興国南禅禅寺

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone