富永燕石(読み)とみなが えんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永燕石 とみなが-えんせき

1625-1660 江戸時代前期の俳人。
寛永2年生まれ。土佐(高知県)の人。里村昌琢(しょうたく)に連歌をまなぶ。俳諧に転じ,鶏冠井令徳(かえでい-りょうとく)に入門,松永貞徳の「天水抄」など,貞門秘伝書をさずけられた。万治(まんじ)3年1月25日死去。36歳。名は高康。通称は治右衛門尉。別号に幽山亭。編著に俳論書「夜のにしき」,発句集「牛飼」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android