愚人(読み)グジン

精選版 日本国語大辞典の解説

おろか‐ひと【愚人】

〘名〙 おろかな人。思慮の足りない人。ぐじん。
※書紀(720)允恭即位前(図書寮本訓)「民の父(かぞ)(いろは)は斯れ則ち賢聖(さかしひとひじり)の職(つかさ)なり。豈、下愚(オロカヒト)(た)へむや」

ぐ‐じん【愚人】

※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「イヤイヤ愚人(グジン)と論は無益なり。イヤしからば」 〔詩経‐小雅・鴻鴈之什〕

ぐ‐にん【愚人】

〘名〙 愚かな人。ぐじん。
※万葉(8C後)一六・三八七八・左注「右歌一首伝云 或有愚人斧堕海底而不鉄沈無一レ水 聊作此歌口吟為喩也」 〔韓愈‐師説〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android