コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本式 ホンシキ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐しき【本式】

[名・形動]
本来の正当な形式。本来の正しいやり方。また、そのさま。正式。「本式な(の)礼装」
間に合わせや遊びでなく、本格的であること。また、そのさま。「今日から本式に勉強を始めよう」
《「本式目」の略》連歌で、13世紀中ごろ、善阿(ぜんな)が制定したと伝えられる式目。新式に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんしき【本式】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
省略したりしない、きちんとしたやり方。また、そのさま。正式。 「 -な作法」 → 略式
遊び半分などでなく本格的であること。 「 -に参加するつもりはない」
連歌れんが本式

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本式の関連キーワード本決まり・本極まり本組み・本組本塗り・本塗本祭り・本祭本刷り・本刷言ひ入れ本会議本元服総浚い本格的梳き髪本舞台心頼み先付け本建築下縫い本普請本試験本歌定植

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android