父を定める訴え(読み)ちちをさだめるうったえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妻が再婚制限の規定に違反して再婚し、その後、子を生んだ場合には、ときとして、子は前夫の子とも後夫の子とも推定され、民法によっては父を定めることができない場合がある。このような場合は、子、母、母の先夫または母の後夫は、家庭裁判所の審判さらには地方裁判所の判決によって父を決定してもらうことができる。これを「父を定める訴え」という。これは要するに、推定が衝突する場合の解決方法であるから、重婚の場合、内縁が前後にあった場合、婚姻と内縁とが前後にあった場合にも、同様に考えてよいが、単に関係した男が数人あったというような場合には、この方法は認められず、認知によるほかはない。

[山本正憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android