コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重婚 じゅうこんbigamy

翻訳|bigamy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重婚
じゅうこん
bigamy

配偶者のある者がねて婚姻をすること。民法上,重婚は禁止され (732条) ,これに違反した婚姻届は受理されない (740条) し,また誤って受理されても関係者の請求によって取消されることになっている (744条) 。刑法では重婚は犯罪とされ,処罰の対象とされる (184条) 。ただし,以上はいずれも法律上の正式の婚姻についていえることであり,事実上の婚姻についてはこの限りではない。ただ,重婚的な内縁関係の夫婦に対しては,普通の内縁の夫婦のような保護を与えないという考え方が強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうこん【重婚】

配偶者のある者が重ねて法律上の婚姻をすること。内縁(事実上の婚姻)を重ねることや妾関係とは区別される。法律上,重婚とは,婚姻・離婚をめぐる事実上の関係と法的評価が重なりきらないところに発生する問題であり,次の各場合がある。第1は,日本の民法上・戸籍上の重婚である。第2は,形骸化した法律婚(外縁ともいう)と内縁が競合する場合の〈重婚的内縁〉である。第3は,〈外国法上の重婚〉である。日本のような戸籍制度をもたず,個人別の身分証書制度(身分登録制度)をとる欧米では,重婚は《ジェーン・エア》を持ち出すまでもなく,日常的に起こりうる必然性をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうこん【重婚】

( 名 ) スル
配偶者のある者が重ねて婚姻すること。民法において禁止され、刑法上は重婚罪として処罰される。二重結婚。

ちょうこん【重婚】

( 名 ) スル
配偶者と死別または離別した人が再婚すること。 「お前は年も若い事だから-する方が宜からうと勧めました/新粧之佳人 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重婚の言及

【婚姻】より

…この婚姻法は全27条からなり,結婚と離婚の自由,一夫一婦制,男女の権利の平等を骨子としている。家父長制下の強制的な結婚,重婚,蓄妾,童養媳,寡婦の再婚の自由への干渉は厳重に禁止された。また結婚登記の制度を導入した点も新しい。…

※「重婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重婚の関連情報