片倉 権次郎(読み)カタクラ ゴンジロウ

20世紀日本人名事典の解説

片倉 権次郎
カタクラ ゴンジロウ

昭和期の農業家



生年
明治43(1910)年10月3日

没年
昭和58(1983)年

出生地
山形県川西町

学歴〔年〕
高等小学校〔大正14年〕卒

経歴
3.3ヘクタールの水田で稲作に従事。反収5石(750キログラム)を超える多収穫技術を確立。青年時代から農事試験場や篤農家の田中正助に学び、昭和9年の大凶作時、平年作を維持した。穂数や粒数を多くして収量をあげる従来の方法の逆をいく技術で、稔実歩合を高め、千粒重を重くする。肥料も元肥少肥、追肥多肥の出穂期に重点をおく稲作技術で戦後、国策として推進された多収穫奨励時代、片倉式といわれて全国に普及された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android