コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平年作 へいねんさくnormal crop

4件 の用語解説(平年作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平年作
へいねんさく
normal crop

略して平作ともいう。農作物,特に米,麦などの収穫高 (作柄) が通常であること。米の場合,前年までの毎年の平均反あたり収量に,気象状態や農作技術などの条件を入れて数学的に傾向線を出したり,過去5年間の収穫高のうち,最高と最低との年次を除いた3年間の収穫高を平均して出したりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいねんさく【平年作】

農作物の作柄を表す用語。農林水産省は,平年収量を100とした場合,作況指数が99~101のときを〈並み〉として公表し,平年作と呼んでいる。ある年の平年収量は10a当りの平年収量に,その年の作付面積を乗じて算出する。10a当りの平年収量とは,作物栽培開始前,その年の気象を平年並みと見なし,また肥培管理なども一般に行われるとし,最近の栽培法の進歩状況を考慮して,実収量の趨勢(すうせい)を基に推定されるその年の予想収量である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平年作の関連情報