コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片多徳郎 かただ とくろう

美術人名辞典の解説

片多徳郎

洋画家。大分県生。東美校卒。文展帝展で出品を重ね活躍。牧野虎雄らと新光洋画会を創立。暗晦な色調や、その主題などから日本的油絵として注目される。晩年はフォーヴィズムの影響をうかがわせる簡略な筆致と明るい色調をもつ小品を多く描いた。文展特選。第一美術協会創立会員。昭和9年(1934)歿、44才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片多徳郎 かただ-とくろう

1889-1934 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治22年6月24日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)在学中に文展に入選,同展で「伎女舞踏の図」「花下竹人」が2年連続特選を受賞。第1回帝展で「霹靂(へきれき)」が推選となる。大正8年牧野虎雄らと新光洋画会を創立。昭和9年4月27日自殺。46歳。大分県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片多徳郎の関連キーワード江藤 純平北島 浅一明治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android