霹靂(読み)へきれき

精選版 日本国語大辞典「霹靂」の解説

へき‐れき【霹靂】

〘名〙
① かみなり。いかずち。雷鳴。なるかみ。
※続日本紀‐天平二年(730)閏六月庚子「縁去月霹靂、勅新田部親王、率神祇官之」
黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「迅雷耳を掩ふ間もなきクーデターは〈略〉失意の老翁の頭上に霹靂(ヘキレキ)の如く落ちかかったのである」 〔枚乗‐七発〕
② (━する) が激しく鳴ること。稲光りがすること。また、雷が落ちること。
※小右記‐長和元年(1012)六月二八日「一昨同宿、而今日霹靂彼家
③ (形動タリ)(━する) 大きな音の響きわたること。また、そのさま。
※太平記(14C後)三九「鉄炮〈略〉霹靂(ヘキレキ)すること閃電光の如くなるを、一度に二三千抛出したるに」 〔南史‐曹景宗伝〕
[補注]「霹靂」を古くは「かみとけ」「かみとき」「かんとけ」「かんとき」などと訓じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霹靂」の解説

へき‐れき【××靂】

かみなり。いかずち。雷鳴。「青天の霹靂
雷が激しく鳴ること。落雷すること。また、大きな音が響き渡ること。
「―する時にも動かず」〈今昔・三一・三七〉
[類語]いかずち鳴る神らい雷鳴雷電天雷急雷疾雷しつらい迅雷じんらい雷公遠雷春雷界雷熱雷落雷稲妻いなずま稲光いなびかり電光紫電しでん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「霹靂」の解説

【霹靂】へきれき

雷鳴。〔旧唐書、裴伝〕(父之)是れより先、州中に積年案數百り。崇義、之(えんし)を促して之れを斷(さだ)めしむ。之、書數人に命じ、紙をね筆をめしめ、斯須(ししゆ)(忽ち)にして剖斷(ほうだん)竝(なら)び畢(をは)る。~號して霹靂手と爲す。

字通「霹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報