コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霹靂 ヘキレキ

デジタル大辞泉の解説

へき‐れき【××靂】

かみなり。いかずち。雷鳴。「青天の霹靂
雷が激しく鳴ること。落雷すること。また、大きな音が響き渡ること。
「―する時にも動かず」〈今昔・三一・三七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみとき【霹靂】

〔「雷かみ解き」の意か〕
落雷。かみとけ。かむとき。 〔名義抄〕

かむとき【霹靂】

「かみとき」の転。 「是の秋に藤原内大臣の家に-せり/日本書紀 天智訓

かむとけ【霹靂】

「かみとき」の転。 「 -の日香空の九月のしぐれの降れば/万葉集 3223

へきれき【霹靂】

かみなり。雷鳴。 「青天の-」
かみなりがなること。また、大きな音が響きわたること。 「 -すること閃電光の如くなるを/太平記 39

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

霹靂の関連キーワードサン・バルテルミーの虐殺ヤマザキモータースチャウ シンチー第二次世界大戦BRAHMAN小倉 右一郎池谷のぶえ劇団ひとり青天の霹靂片多 徳郎風神・雷神小村裕次郎弘中麻紀中沢青六放たれる原田隼人黒田大輔ハタハタ片多徳郎ペラトン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霹靂の関連情報