コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山周東 かたやま しゅうとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山周東 かたやま-しゅうとう

?-1784 江戸時代中期の俳人。
片山寸長の弟。駿河(するが)(静岡県)小島(おじま)藩士。藩主松平昌信・信義につかえた。仙石廬元坊(ろげんぼう)にまなび,兄没後は百草園塾の中心として活動した。天明4年6月24日死去。名は邦秋。通称は伊織。別号に文月庵,彫棠。編著に「歳旦試筆」「夢の跡」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片山周東の関連キーワード片山寸長周東俳人

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android