コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山津[温泉] かたやまづ

百科事典マイペディアの解説

片山津[温泉]【かたやまづ】

石川県加賀市にある加賀温泉郷の一つ。含塩化土類食塩泉。73℃。1653年大聖寺藩主前田氏が発見したとされ,当初泉源が柴山潟にあったが,1823年に水と湯の分離に成功したという。
→関連項目加賀[市]柴山潟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたやまづ【片山津[温泉]】

石川県南部,加賀市の温泉。柴山潟(しばやまがた)南岸にある。柴山潟の水中に温泉が湧くことは江戸時代初期から知られていたが,1877年埋立てによって温泉街がつくられた。柴山潟の水郷景観や白山の眺望がよく,付近に源平合戦の篠原古戦場,斎藤実盛の首洗池などがあって観光にすぐれ,高層ホテルが立ち並ぶ北陸随一の歓楽街に発展した。含塩化土類食塩泉,73℃。北陸本線加賀温泉駅からバス10分と交通も便利で,舟遊びや釣り,狩猟なども楽しめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android