コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山津[温泉] かたやまづ

2件 の用語解説(片山津[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

片山津[温泉]【かたやまづ】

石川県加賀市にある加賀温泉郷の一つ。含塩化土類食塩泉。73℃。1653年大聖寺藩主前田氏が発見したとされ,当初泉源が柴山潟にあったが,1823年に水と湯の分離に成功したという。
→関連項目加賀[市]柴山潟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かたやまづ【片山津[温泉]】

石川県南部,加賀市の温泉。柴山潟(しばやまがた)南岸にある。柴山潟の水中に温泉が湧くことは江戸時代初期から知られていたが,1877年埋立てによって温泉街がつくられた。柴山潟の水郷景観や白山の眺望がよく,付近に源平合戦の篠原古戦場斎藤実盛の首洗池などがあって観光にすぐれ,高層ホテルが立ち並ぶ北陸随一の歓楽街に発展した。含塩化土類食塩泉,73℃。北陸本線加賀温泉駅からバス10分と交通も便利で,舟遊びや釣り,狩猟なども楽しめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片山津[温泉]の関連キーワード加賀片山津温泉九谷底倉温泉山代温泉山中片野鴨池篠原柴山古墳群柴山景綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone