コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴山潟 しばやまがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴山潟
しばやまがた

石川県南部,加賀市の北部にある潟湖木場潟今江潟とともに海跡湖で,加賀三湖といわれたが,第2次世界大戦中から干拓が進められた。日本海への放水路が完成し,1968年までに 3.40km2が造成された。残る 1.77km2の水面では舟遊びが行われる。湖岸片山津温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

柴山潟【しばやまがた】

石川県南西部,加賀三湖の一つ。標高1m,面積1.92km2,最深2.8mの淡水湖。15世紀の《越後下向日記》に芝山湖とあり,近世には芝湖とも記した。フナコイウナギなどの魚類が豊富。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばやまがた【柴山潟】

石川県加賀市にある潟湖。古くは日本海に通じていたが,海側に砂丘が発達して潟湖となったと考えられる。今江潟,木場潟と合わせ加賀三湖と呼ばれ,そのうち最大の面積(約5.8km2)をもっていた。1952年水田の造成と潟周辺の湛水被害解消のため,加賀三湖の国営干拓事業が着手され,木場潟は遊水池として残されたが,今江潟は全面干拓された。柴山潟は南西岸にある片山津温泉が景観保存を要望したため南西部の約1.8km2が残され,新しい排水路として新堀川が開削された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕柴山潟(しばやまがた)


石川県南部、金沢(かなざわ)平野南西部にある潟湖(せきこ)。篠原(しのはら)砂丘で日本海と隔てられ、人工の新堀(しんぼり)川で排水される。1952年(昭和27)からの干拓事業で約3分の2が陸地化し、現在は面積1.8km2。コイ・フナなどの漁獲があったが、水質汚濁が問題化。南西岸に片山津(かたやまづ)温泉がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴山潟
しばやまがた

石川県南西部にある潟湖(せきこ)。加賀市に属す。篠原(しのはら)砂丘により日本海と隔たる。1952年(昭和27)に始まる干拓化により、現在の面積は1.77平方キロメートル、最大水深4.5メートル、水面標高0.65メートル。干拓前の面積は5.8平方キロメートルで、動橋(いぶりばし)川などの水を集め、今江(いまえ)潟を経て梯(かけはし)川で日本海に注いだが、たびたび冠水し農地に被害を与えた。干拓による開田は約300ヘクタールに上り、砂丘を切って新堀川が開削され、日本海に排水する。コイ、フナ、シジミなどを産したが、汚水が問題になっている。湖岸一帯は越前(えちぜん)加賀海岸国定公園の一部で、南岸に片山津(かたやまづ)温泉がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の柴山潟の言及

【片山津[温泉]】より

…石川県南部,加賀市の温泉。柴山潟(しばやまがた)南岸にある。柴山潟の水中に温泉が湧くことは江戸時代初期から知られていたが,1877年埋立てによって温泉街がつくられた。…

※「柴山潟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柴山潟の関連キーワード石川県加賀市片山津温泉片山津[温泉]石川県加賀市加賀(市)水質汚濁金沢平野猫橋遺跡漁獲動橋

柴山潟の関連情報