コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山金弥 かたやま きんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山金弥 かたやま-きんや

1788-1851 江戸時代後期の暦算家。
天明8年生まれ。備前岡山藩士。原田茂嘉(しげよし)に天文・暦学をまなぶ。読書師役雇となり,毎年暦をつくって藩主に献じた。天保(てんぽう)7年藩命で幕府天文方の渋川景佑に師事し,天保の改暦では景佑を補佐した。嘉永(かえい)4年8月21日死去。64歳。名は正重。字(あざな)は厚卿。号は静窓。著作に「階梯算法論」「時習算法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

片山金弥の関連キーワード河上忠晶窪田善之