コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川景佑 シブカワカゲスケ

6件 の用語解説(渋川景佑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぶかわ‐かげすけ〔しぶかは‐〕【渋川景佑】

[1787~1856]江戸後期の暦学者。大坂の人。高橋至時(たかはしよしとき)の二男。天文方渋川正陽の養子となり、役職を継いだ。兄の高橋景保とともに「ラランデ暦書」を訳解、「新巧暦書」「新修五星法」を完成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

渋川景佑【しぶかわかげすけ】

暦学者。高橋至時(よしとき)の次男。1809年(文化6年)渋川富五郎正陽(まさてる)の養子となって天文方を継ぐ。《新巧暦書》《新修五星法》を幕府に上呈,《寛政暦書》《寛政暦書続録》の撰述・上呈にも携わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川景佑 しぶかわ-かげすけ

1787-1856 江戸時代後期の暦算家。
天明7年10月15日生まれ。高橋至時(よしとき)の次男。高橋景保(かげやす)の弟。伊能忠敬(ただたか)に測量術をまなぶ。天文方渋川正陽(まさてる)の養子となり,文化6年家督をつぐ。実父の遺業のラランデ暦書の訳解をつづけ,「新巧暦書」「新修五星法」を完成し幕府に献上。天保(てんぽう)13年(1842)天保改暦をはたした。安政3年6月20日死去。70歳。大坂出身。通称は助左衛門。号は滄洲,明時館主人。著作に「霊憲候簿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しぶかわかげすけ【渋川景佑】

1787‐1856(天明7‐安政3)
江戸後期の暦学者。天文方高橋至時の次男として生まれ,幼名は善助。幼いときより天文暦学を学び,1805年(文化2)には兄景保の配下にあった伊能忠敬に従って西国測量を行い,09年天文方渋川富五郎正陽(まさてる)の養子となって家督を受け天文方を命ぜられ,以後,善助を助左衛門と改めた。36年(天保7)に父の遺業であるラランデの天文書の訳業をおえ,《新巧暦書》40巻および《新修五星法》10巻を幕府に上呈した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぶかわかげすけ【渋川景佑】

1787~1856) 江戸後期の天文学者・暦学者。大坂の人。高橋至時よしときの次男。寛政暦を改め、西洋暦法を取り入れた天保暦を作製。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋川景佑
しぶかわかげすけ
(1787―1856)

江戸末期の天文暦学者。天文方渋川家9代を継ぎ、天保(てんぽう)改暦の主役をつとめた。天文方高橋至時(よしとき)の次男。大坂に生まれ、初め善助、1808年(文化5)天文方渋川富五郎(1771―1821)の養嗣子(ようしし)となり、翌年家督相続し天文方となり助左衛門と称した。号は滄洲(そうしゅう)。1838年(天保9)10月観測の掌務をとることを命ぜられ、翌年職務に忠実勤勉なるをもって御鉄砲御箪笥(おたんす)奉行格に昇進、1841年九段坂天文台を管理して台長を務めた。その性質はきちょうめんで、暦学上多くの業績を残した。兄の高橋景保(かげやす)を助けて、またその亡きあとは引き継いで、父至時の『ラランデ暦書』の訳解を遂行し、『新巧暦書』40冊、『新修五星法』10冊を完成、幕府に献上した。前者は1841年幕府の命による天保改暦の基をなすものである。『霊憲候簿』『暦学聞見録』『西暦聞見録』『三統暦管見』『新修彗星(すいせい)法』『新法暦書数理撰述(せんじゅつ)』『寛政(かんせい)暦書』『同続録』その他、自著また共著が多くある。墓碑によると安政(あんせい)3年6月20日没、享年70歳とあるが、『天文方代々記』では安政4年3月隠居したことになっている。品川東海寺に葬る。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渋川景佑の言及

【天保暦】より

…1844年(弘化1)に施行され72年(明治5)末まで29年間用いられた。作者は渋川景佑,足立信頭らである。景佑は信頭の協力を得て父高橋至時の遺業である《ラランデ暦書管見》の翻訳を完成した。…

※「渋川景佑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渋川景佑の関連キーワード秋保新左衛門秋保盛弁新屋由高奥野栄清小沢蘭江沢木員昆宗田運平原田茂嘉森士行吉田子方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone