コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山長三 かたやま ちょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山長三 かたやま-ちょうぞう

1894-1988 昭和時代の考古学者,郷土史家。
明治27年4月3日生まれ。大阪の小・中学校などでおしえながら遺跡調査をつづける。昭和29年交野(かたの)考古学会を結成,31年交野市の神宮寺遺跡で近畿地方初の旧石器を発見。「枚方(ひらかた)市史」などの市町村史を執筆した。昭和63年3月15日死去。93歳。大阪出身。天王寺師範卒。旧姓は西井。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片山長三の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android