コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡子蘭 かたおか しらん

1件 の用語解説(片岡子蘭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡子蘭 かたおか-しらん

?-1818 江戸時代中期-後期の儒者。
大坂の富豪。梁田蛻巌(やなだ-ぜいがん)にまなび,山城(京都府)淀(よど)藩につかえる。木村蒹葭堂(けんかどう)らと親交があった。文政元年5月13日死去。修姓は岡。名は芸,正英。通称は淀屋十(重)右衛門。号は芸亭,芸香亭,穆斎(ぼくさい)など。著作に「芸香亭漫録」「子蘭文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片岡子蘭の関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ねぶた祭松浦武四郎アッカーマン機構

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone