コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片見祐義 かたみ すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片見祐義 かたみ-すけよし

?-? 南北朝時代の武将。
結城宗広(ゆうき-むねひろ)の弟。陸奥(むつ)高野郡(福島県)片見郷の領主。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)後醍醐(ごだいご)天皇の命をうけて陸奥(むつ)白河城主の兄とともに挙兵。新田義貞の軍にくわわって鎌倉を攻め,北条氏をほろぼす。通称は彦三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片見祐義の関連キーワード南北朝時代結城宗広

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android