コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片道 カタミチ

デジタル大辞泉の解説

かた‐みち【片道】

行きか帰りかの一方。「片道の電車賃」
ある行為が、一方からだけ行われること。「片道貿易」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたみち【片道】

行きか帰りかの一方。 「 -二キロの道のり」
一方からだけすること。 「 -貿易」
軍費として、片道分の費用について沿道諸国からの徴発を許すこと。 「北陸道七か国の-を給ひて上洛仕るべきよし申され候ひければ/義経記 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

片道の関連キーワードチェーン高速バス 飛騨高山―富士山線糸魚川シーフードシャトルバスジュゼッペ シニョーリエコノミークラス症候群ノーマン シンプソン大分ホーバーフェリー中量軌道輸送システム遠距離候補者への対応ボストン・マラソン障害者への割引制度遠距離候補者の辞退ボストンマラソン寝台特急日本海マウントオルガベイ・シャトルペイトーレークニール セダカ帰らざる夜明け阪神・別府航路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片道の関連情報