版下(読み)はんした

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

版下

製版用の原稿。写植文字を出力した印画紙や図版を台紙に貼り付け、罫線やトンボを記入したもの。製版では、これをもとに印刷用フィルムを作成する。DTPでは、文字や画像をレイアウトしたファイルを作成し、トンボを付けて印画紙や印刷用フィルム。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐した【版下】

木版・印判などを彫るための下書き。薄い紙に絵や文字を書き、裏返しにして版木・印材にはりつける。
製版用の・図・表など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんした【版下】

版木に貼って彫るための、書画の下書き。
製版用の文字・図表・絵画などの原稿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐した【版下】

〘名〙
木版印判などを彫る時、版木にはる書画。薄い紙に文字や絵をかき、裏返しにして版木や印材にはりつける。
※随筆・奴凧(1821)二七「吉原大全といふもの作りしとて板下のまま見せられき」
② ①を作る人。
※蘭東事始(1815)下「草稿は拾壱度まで認かへて、板下に渡す様になり」
③ 製版用に作製された、題字、絵、図、表などの原稿。〔どぜう地獄(1924)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

版下の関連情報