コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛の玉 ウシノタマ

デジタル大辞泉の解説

うし‐の‐たま【牛の玉】

牛の額にできる毛の塊。直径3センチほどの丸さで、中に堅い芯(しん)がある。牛王(ごおう)とも称し社寺などの宝物とされた。
牛の腹中にできる玉。宝物とされた。牛黄(ごおう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うしのたま【牛の玉】

牛の額に生える毛の固まったようなもの。中にかたい芯しんがあり、牛王ごおうと称して寺院などの宝物とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牛の玉の関連キーワード牛の額社寺牛王

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android