コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲玉 テッポウダマ

デジタル大辞泉の解説

てっぽう‐だま〔テツパウ‐〕【鉄砲玉】

鉄砲の弾丸。銃弾。
黒砂糖などを煮詰めて作った飴玉(あめだま)。
行ったきり帰ってこないこと。また、返事のないこと。「鉄砲玉の使い」
泳ぎができないこと。また、その人。かなづち。
「水にかけては―だよ」〈滑・八笑人・三〉
(俗に)抗争相手の大物を殺すよう差し向けられた者。ヒットマン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぽうだま【鉄砲玉】

鉄砲の弾丸。銃弾。
丸く固めた飴。
使いなどに出たまま戻らないこと。また、その人。 「 -の使い」
水に浮かないこと。泳げないこと。また、その人。 「水にかけては-だよ/滑稽本・八笑人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉄砲玉の関連情報