コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲玉 テッポウダマ

デジタル大辞泉の解説

てっぽう‐だま〔テツパウ‐〕【鉄砲玉】

鉄砲の弾丸。銃弾。
黒砂糖などを煮詰めて作った飴玉(あめだま)。
行ったきり帰ってこないこと。また、返事のないこと。「鉄砲玉の使い」
泳ぎができないこと。また、その人。かなづち。
「水にかけては―だよ」〈滑・八笑人・三〉
(俗に)抗争相手の大物を殺すよう差し向けられた者。ヒットマン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぽうだま【鉄砲玉】

鉄砲の弾丸。銃弾。
丸く固めた飴。
使いなどに出たまま戻らないこと。また、その人。 「 -の使い」
水に浮かないこと。泳げないこと。また、その人。 「水にかけては-だよ/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉄砲玉の関連キーワードJINGI 仁義アイパー滝沢勝沼氏館跡根来寺境内川谷 拓三田中城跡渡瀬恒彦鳥越城跡羽衣石城鉄砲絞り松木賢三駄菓子滑稽本黒砂糖鉄砲虫哀川翔おあん飴玉泳ぎ雨霰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄砲玉の関連情報