コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛殺し ウシコロシ

デジタル大辞泉の解説

うし‐ころし【牛殺し】

バラ科の落葉小高木。山野に生え、葉は倒卵形で縁に細かいぎざぎざがある。春、白い小花を群生し、実は楕円形で熟すと赤い。材は強靭(きょうじん)で、牛の鼻木や鎌の柄に用いた。牛の鼻木。鎌柄(かまつか)。
クロツバラの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うしころし【牛殺し】

〔牛の鼻木としたことから〕
植物カマツカの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牛殺しの関連キーワード李義山雑纂ウシコロシインドの牛倒卵形鎌柄鼻木

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛殺しの関連情報