コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六むさし じゅうろくむさし

百科事典マイペディアの解説

十六むさし【じゅうろくむさし】

十六六指,十六武蔵とも書く。江戸時代から明治の中葉まで行われた室内遊戯。盤は方形と三角形をつないだ形で,内側を縦,横,斜めの線で区分,計33の点がある。方形の中央に親石を置き,周囲に16個の子石を配する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうろくむさし【十六むさし】

室内遊戯の一つ。〈十六六指〉〈十六武蔵〉などとも書く。往昔には単に〈むさし〉とも呼び,〈六指〉〈八道〉の文字を当てた。図のような盤の中央に親駒を置き,子駒16個を正方形の外周に配置し,親,子の順に任意の方向に駒を1目ずつ動かす。親駒が子駒と子駒の間に割り込めば,その2駒をとることができる。子は親に入り込まれないように駒を進め,親駒を動けないようにすれば勝ち。逆に駒をとられて,残り5~6個になると親を追い込むのは不可能であるから,親の勝ちとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十六むさしの関連キーワード八道行成牛部屋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十六むさしの関連情報