牟子(読み)ぼうし(英語表記)Móu zǐ

  • 牟子 Móu zǐ

世界大百科事典 第2版の解説

中国古代の思想家。牟子博とも牟融ともいわれ,名も定かでない。生没年も不明であるが,彼の著作である《理惑論》の序文によれば,牟子は後漢末,蒼悟(広西省)の人で,経伝諸子や兵法,神仙の書まで読みあさった。みずから儒者を任じていたが,霊帝(在位168‐188)の末年に天下を避けて交趾(ベトナム)に行き,その後26歳で帰郷したが,仕官はしなかった。仏教を究め,あわせて《老子》を学び,儒仏道三教の一致を37条にわたり問答体をとって論述した《理惑論》を著した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の牟子の言及

【舞楽装束】より

…天冠と童髪は童装束の項で述べた。牟子(むし)は金襴または綾の表地に平絹の裏地を張った頭巾風の物で,面をつけるときは必ずかぶるが,蔵面(ぞうめん)には用いない。(14)舞具 太刀は《太平楽》《青海波》《陪臚》等に,《太平楽》《陪臚》は太刀のほかに鉾(ほこ)を,また《振鉾》は鉾のみを用いる。…

※「牟子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android