牧百峰(読み)まき ひゃくほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧百峰 まき-ひゃくほう

1801-1863 江戸時代後期の儒者。
享和元年生まれ。頼山陽(らい-さんよう)にまなぶ。京都にすみ,弘化(こうか)4年学習所(のち学習院)が創設されるとその儒者となった。文久3年2月13日死去。63歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は輗。字(あざな)は信吾。通称は善輔(ぜんすけ)。別号に戇斎(とうさい)。著作に「戇斎漫稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android