コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠成(1) まきの ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠成(1) まきの-ただなり

1581-1655* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)9年生まれ。牧野康成(やすなり)の長男。父のあと,慶長14年上野(こうずけ)(群馬県)大胡(おおご)藩主となる。越後(えちご)(新潟県)長嶺(ながみね)藩主をへて,元和(げんな)4年越後長岡藩主牧野家初代となる。6年加増されて7万4000石。治世36年,城下をととのえ,新田開発をすすめるなど藩の基礎をきずいた。承応(じょうおう)3年12月16日死去。74歳。通称は新次郎。駿河守(するがのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野忠成(1)の関連キーワード安土桃山時代(年表)宇喜多秀家パスカル(Blaise Pascal)インノケンティウスヌイツ奈良屋茂左衛門明暦如儡子天文学史(年表)NPO

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android