コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンティウス Innocentius

デジタル大辞泉の解説

インノケンティウス(Innocentius)

ローマ教皇の名。イノセント。インノセント
(3世)[1160~1216]第176代教皇。在位1198~1216。第四次十字軍は失敗したが、「キリストの代理者」と自称し、ドイツ皇帝・イギリス王・フランス王その他の君主や諸国家を抑えて、教皇庁の強化と教権の拡張を計り、中世教皇権の最盛期を実現した。
(4世)[?~1254]第180代教皇。在位1243~1254。教皇権の拡大に努め、フリードリヒ2世以下、歴代の神聖ローマ皇帝と争った。
(6世)[?~1362]第199代教皇。在位1352~1362。アビニョン教皇宮廷を改革、教皇権益の回復を図った。
(10世)[1574~1655]第236代教皇。在位1644~1655。ジャンセニズムを排斥した。
(11世)[1611~1689]第240代教皇。在位1676~1689。教皇庁・修道院の改革に努め、ガリカニズムに反対し、フランス王ルイ14世による教権制限に反対して争った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

インノケンティウス【Innocentius】

(三世)(1160~1216) ローマ教皇(在位1198~1216)。オットー四世(ドイツ)・フィリップ二世(フランス)・ジョン(イギリス)らを屈従させ、ヨーロッパのほぼ全域の主権を握り教皇政治の最盛期を現出せしめた。教会法規を改革、第四次十字軍を推進。インノセント。イノセント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インノケンティウスの関連キーワードフリードリヒ(2世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)ベーコン(Francis Bacon、画家)コーラ・ディ・リエンツォポライウオーロ(兄弟)ルッジェーロ[2世]ポライウオロ[兄弟]フランシス ベーコンフリードリヒ[2世]フランチェスコ修道会サント・トマス大学アルビジョア十字軍ヘンリー(3世)Innocentアビニョン教皇庁ユリウス[2世]ジョン[欠地王]十字軍史(年表)ラテラン公会議フランシスコ会マグナ・カルタ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android