コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大胡 おおご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大胡
おおご

群馬県中東部,前橋市中東部の旧町域。赤城山南麓にある。1899年町制。2004年前橋市に編入。中心集落の大胡は,鎌倉時代から室町時代にかけ大胡氏の居城地で,大胡城跡は当時の盛況を偲ばせる。天正18(1590)年牧野氏 2万石の城下町となり,市場町として発達し,繭,生糸などの取り引きが行なわれた。米作のほか養蚕,酪農,畜産などが主産業。赤城山の南登山口。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大胡
おおご

群馬県中東部、勢多(せた)郡にあった旧町名(大胡町(まち))。現在は前橋市の中央部を占め、赤城(あかぎ)山南麓(なんろく)の中心地。旧大胡町は、1899年(明治32)町制施行。2004年(平成16)前橋市へ編入。中世に大胡氏が築城、近世は大胡藩牧野氏2万石の城下町、さらに前橋藩に属したが1749年(寛延2)廃城となった。現在も城の遺構を残して県指定史跡。また3、8の日を市日とする市場町で繭、生糸、雑貨などを取り扱った。1928年(昭和3)上毛(じょうもう)電気鉄道が通じた。米・麦作、養蚕と中心とする農業から、畜産や施設園芸への転換が進んでいる。また、繊維、製材の工場があるが規模は小さい。[村木定雄]
『『大胡町誌』(1976・大胡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大胡の関連キーワードマイバスとデマンドバス群馬県前橋市河原浜町牧野康成(1)牧野忠成(1)怪・セラ・セラポインシアーナ横堀 角次郎群馬県前橋市のめずり込む大胡[町]前橋(市)宮城 道雄住谷寅之介赤城の恵上泉秀綱牧野成貞豊国覚堂牧野康成大胡愛恵牛久保城

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大胡の関連情報