コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大胡 おおご

2件 の用語解説(大胡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大胡
おおご

群馬県中東部,前橋市中東部の旧町域。赤城山南麓にある。1899年町制。2004年前橋市に編入。中心集落の大胡は,鎌倉時代から室町時代にかけ大胡氏の居城地で,大胡城跡は当時の盛況を偲ばせる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大胡
おおご

群馬県中東部、勢多(せた)郡にあった旧町名(大胡町(まち))。現在は前橋市の中央部を占め、赤城(あかぎ)山南麓(なんろく)の中心地。旧大胡町は、1899年(明治32)町制施行。2004年(平成16)前橋市へ編入。中世に大胡氏が築城、近世は大胡藩牧野氏2万石の城下町、さらに前橋藩に属したが1749年(寛延2)廃城となった。現在も城の遺構を残して県指定史跡。また3、8の日を市日とする市場町で繭、生糸、雑貨などを取り扱った。1928年(昭和3)上毛(じょうもう)電気鉄道が通じた。米・麦作、養蚕と中心とする農業から、畜産や施設園芸への転換が進んでいる。また、繊維、製材の工場があるが規模は小さい。[村木定雄]
『『大胡町誌』(1976・大胡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大胡の関連キーワード群馬県前橋市大手町群馬県前橋市苗ヶ島町群馬県前橋市中内町群馬県前橋市二之宮町群馬県前橋市端気町群馬県前橋市富士見町赤城山群馬県前橋市本町群馬県前橋市嶺町群馬県前橋市三夜沢町群馬県前橋市茂木町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大胡の関連情報