コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠成(2) まきの ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠成(2) まきの-ただなり

1635-1674 江戸時代前期の大名。
寛永12年生まれ。牧野駿河守忠成の孫。父光成(みつなり)が早死にし,承応(じょうおう)4年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家2代となる。祖父の遺徳をしたいその名をつぐ。延宝2年5月27日死去。40歳。初名は忠盛(ただもり)。通称は老之助。飛騨守(ひだのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野忠成(2)の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)シバージーシバージー農業革命ボアローマラータ王国嵐三右衛門エークハウトキノーシャンパーニュ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android