コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野路子 まきの みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野路子 まきの-みちこ

1730?-1794 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)15年?生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野忠周(ただちか)の妹。牧野忠敬(ただたか)の妻。はやく夫と死別,出家し明仙院と号する。明和2年賀茂真淵(かもの-まぶち)の門にはいり,二千余首の歌をよむ。真淵の撰による歌文集「波奈賀都美歌集」がある。寛政6年9月10日死去。65歳?通称は直姫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野路子の関連キーワード徳川吉宗知識学ロベスピエール江村如圭フレデリック4世クレメンス12世前古典派音楽フレデリク4世三熊花顛サヴォリ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android