コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠敬 まきの ただたか

1件 の用語解説(牧野忠敬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠敬 まきの-ただたか

1729-1748 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)14年6月生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野貞通(さだみち)の長男。牧野忠周(ただちか)の養子となり,延享3年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家6代。延享5年6月29日死去。20歳。通称は兵部,老之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野忠敬の関連キーワード殷元良大槻朝元吉田文三郎(初代)寛延小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナ小野蘭山軍機処経済録

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone