コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物好く モノズク

デジタル大辞泉の解説

もの‐ず・く【物好く】

[動カ四]
好きになる。
「新町の茨木屋の半太夫を―・き」〈浮・禁短気・一〉
趣向を凝らして行う。
「和田殿の大磯がよひに、頭巾の名に―・かれてより」〈鶉衣・炮烙賛〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものずく【物好く】

( 動四 )
ひいきにする。特別に愛好する。 「女郎は新町の茨木屋の半太夫を-・き、一日も宿に枕を定めず/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

物好くの関連キーワード浮世草子