物理的性質(読み)ぶつりてきせいしつ

大辞林 第三版の解説

ぶつりてきせいしつ【物理的性質】

物質に固有な密度・融点・沸点・比熱や電気伝導・屈折など、主に古典物理学の方法によって扱われる性質。物性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理的性質
ぶつりてきせいしつ

 線膨張率(40℃)1.678×10-5/deg
 比熱(20℃)  0.0921cal/deg・g
 熱伝導率(20℃) 0.923cal/cm・sec・deg
 比抵抗(20℃)  1.72×10-6Ω・cm
 融解熱(1083℃)  49cal/g
 モース硬さ   3
 ヤング率    12.3×1011dyn/cm2
 剛性率     4.55×1011dyn/cm2

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物理的性質の関連情報