物理的性質(読み)ぶつりてきせいしつ

大辞林 第三版の解説

ぶつりてきせいしつ【物理的性質】

物質に固有な密度・融点・沸点・比熱や電気伝導・屈折など、主に古典物理学の方法によって扱われる性質。物性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理的性質
ぶつりてきせいしつ

 線膨張率(40℃)1.678×10-5/deg
 比熱(20℃)  0.0921cal/deg・g
 熱伝導率(20℃) 0.923cal/cm・sec・deg
 比抵抗(20℃)  1.72×10-6Ω・cm
 融解熱(1083℃)  49cal/g
 モース硬さ   3
 ヤング率    12.3×1011dyn/cm2
 剛性率     4.55×1011dyn/cm2

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物理的性質の関連情報