コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松製作所 こまつせいさくしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小松製作所
こまつせいさくしょ

建設機械の総合メーカー。 1921年竹内鉱業から独立して設立,22年竹内鉱業の小松電気製鋼所を合併。 52年池貝自動車製造,中越電化工業を合併。 57年小松化成,59年小松建設工業,60年小松電子金属,小松電子工業,64年小松建物を設立。 91年コマツを呼称とする。ブルドーザに定評があり,トラクタ,パワーショベルなどの建設機械フォークリフトなどの産業車両,プレス機械などの産業機械を生産している。最近は防衛産業にも進出し,装甲車や防衛施設器材の製造も行なっている。海外進出にも積極的で,67年小松ヨーロッパ (ベルギー) をはじめ,小松アメリカ (1970) ,小松マイプレス (70,西ドイツ) ,小松シンガポール (71) ,小松パナマ (72) ,小松ブラジル (73) ,小松 UK (85,イギリス) などの現地法人を設立。売上構成比は,建設機械 77%,産業機械6%,その他 18%。年間売上高1兆 615億 9700万円 (SEC方式。うち輸出 42%) ,資本金 701億 2000万円,従業員数1万 1286名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

小松製作所の関連キーワードキャタピラー[会社]小松フォークリフト小松製作所(株)産業競争力会議梨木 作次郎石川県小松市小松ばね工業小松ゼノア河合 良成氷見(市)中村 伸郎枚方(市)枚方事件クオリカ河合良一河合良成

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小松製作所の関連情報