コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物見窓(読み)モノミマド

デジタル大辞泉の解説

ものみ‐まど【物見窓】

城・家・乗り物などで、外を見るために設けた窓。
能舞台で、鏡の間の幕口に向かって右側の壁にある連子窓。舞台のようすを見るためのもの。嵐(あらしまど)。奉行窓。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものみまど【物見窓】

劇場や能舞台などで、舞台の様子を見るための小窓。 → 能舞台
外の様子を見るために設けた窓。城・家・乗り物などにつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の物見窓の言及

【鏡の間】より

…また,《》上演の前には,鏡の間に祭壇を設け,いわゆる翁飾りをしつらえ,全役が集まり,お調べのあと杯事(さかずきごと)を行う。なお鏡の間の幕口に近い壁には見所を見通せる櫺子(れんじ)窓があり,これを物見窓といい,奉行窓,あらし窓とも呼ぶ。能舞台【羽田 昶】。…

※「物見窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android