連子窓(読み)れんじまど

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 連子②をはめこんだ窓。連子の窓。連子。連子格子。
※俳諧・俳諧三部抄(1677)上「いさすすめいささむら竹れんし窓〈惟中〉」
[語誌]→「連子」の語誌(2)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の連子窓の言及

【社寺建築構造】より


[窓]
 神社本殿はのないものを原則とする。寺院建築の窓は,連子窓(れんじまど)と花頭(灯)窓(かとうまど)が大部分である。連子窓は太い格子の稜を正面に見せた窓で,格子の断面は古くは正方形であったが,近世には菱形のものが多く,また格子の間のあいていない盲連子(めくられんじ)も古くからあった。…

【茶室】より

…柱は丸太を通例とし,壁は土壁で,柱の見える真壁(しんかべ)構造である。壁面には壁を塗り残した下地(したじ)窓や連子(れんじ)窓があけられる。
[間取り]
 茶室の構造の基本は間取りであり,間取りによってほぼその茶室の構成や持味を推しはかることができる。…

【窓】より

…開閉方式により,引違い窓,上げ下げ窓,回転窓,開き窓,開閉のできない嵌(はめ)殺し窓などに分けられる。構造形式によっては,網窓,縁なし窓,格子窓,連子(れんじ)窓,無双窓,武者窓,下地窓などに分類され,建具を重ねた二重窓,三重窓もある。また作者に由来するものに,織部窓がある。…

※「連子窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android