コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物語僧 ものがたりそう

1件 の用語解説(物語僧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ものがたりそう【物語僧】

中世(とくに室町期)において物語を語ることを業とした目明きの遁世者。伴奏楽器はなく,扇を持って朗々とした語り口調で軍記物語などを朗誦した。《看聞(かんもん)日記》(1416年条)にみえる物語僧は〈弁説玉ヲ吐キ,言詞花ヲ散ラス〉という名人で,《明徳記》らしい軍記を語っている。《大塔物語》(室町初期)にみえる頓阿(とんあ)も〈弁説宏才〉で,物語は古山珠阿(しあ)の弟子という。珠阿は武士くずれの時衆で,義満の同朋衆である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物語僧の関連キーワード浮舟琵琶法師本地物預言艶語り物語るを措いて生立ち雄弁に物語る

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone