物語僧(読み)ものがたりそう

世界大百科事典 第2版の解説

ものがたりそう【物語僧】

中世(とくに室町期)において物語を語ることを業とした目明きの遁世者。伴奏楽器はなく,扇を持って朗々とした語り口調で軍記物語などを朗誦した。《看聞(かんもん)日記》(1416年条)にみえる物語僧は〈弁説玉ヲ吐キ,言詞花ヲ散ラス〉という名人で,《明徳記》らしい軍記を語っている。《大塔物語》(室町初期)にみえる頓阿(とんあ)も〈弁説宏才〉で,物語は古山珠阿(しあ)の弟子という。珠阿は武士くずれの時衆で,義満の同朋衆である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android