コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平記読み たいへいきよみ

5件 の用語解説(太平記読みの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平記読み
たいへいきよみ

太平記講釈ともいう。芸能の一種。『太平記』を朗読し,講釈する人。室町時代の日記類には物語僧から『太平記』を聞いたという記事が散見し,早くからこの種の者に朗読されてきた。江戸時代に入り慶長~元和 (1596~1624) の頃,『太平記』の評判書である『太平記理尽抄』の講釈が武家の間に起り,次第に流布し,貞享~元禄 (84~1704) の頃には民間でも盛んとなり,これが職業として確立してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいへいき‐よみ【太平記読み】

江戸時代に、道端などで太平記などの軍記物を講釈すること。また、それを職業とした人。のちの講談のもとという。太平記講釈軍書読み

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいきよみ【太平記読み】

江戸時代の講釈師の異称。《太平記》など軍書を読んで人気があった。仏教の唱導の系列から出たもので,《平家物語》は平曲となったが,《太平記》は説教僧,物語僧らによる講釈となった。近世初期に大運院陽翁(法華法印日応)らが《太平記評判秘伝理尽鈔》を著したが,これは《太平記》の評論を集大成したもので,後世の〈太平記読み〉の台本の正統となり,その伝授法が諸侯の間で書写されて数種類の末書を生んだ。また1668年(寛文8)に出た原友軒の《太平記綱目》も《理尽鈔》系の《太平記》の読み方を教えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいへいきよみ【太平記読み】

江戸初期、路傍や門口などで太平記を読んで銭をもらうこと。また、その芸能者。浪人が多かった。後世の講釈師の祖の一。太平記講釈。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平記読み
たいへいきよみ

太平記講釈ともいい、講談の源流の一つ。『太平記』を読む物語僧・談義僧は15世紀後半には存在したが、芸能者としてはっきり姿を現すのは、『太平記』を批判・評論した大運院陽翁編『太平記評判秘伝理尽鈔(しょう)』(1645)を読んだ講釈師たちである。元禄(げんろく)(1688~1704)ごろ京より江戸に下った赤松清左衛門(せいざえもん)が著名で、浅草御門の傍らで読んだため、この地の講釈場は太平記場とも称された。18世紀初頭を過ぎると、『太平記』よりも『太閤記(たいこうき)』『三河後風土記(みかわごふどき)』などの軍談が喜ばれるようになった。まず本文を素読みし、当時の事情など説明していくうちに嘘(うそ)が混じり、だんだんおもしろくなっていき、政治、兵法など万般にわたっての批評を行うという段取りで読まれた。近松門左衛門作『大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)』(1715)に登場する京都岡崎の講釈師赤松梅竜は、仕方で「楠湊川合戦(くすのきみなとがわかっせん)」を読み木戸銭五文と書かれている。[延広真治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太平記読みの言及

【赤松法印】より

…赤松一族の石野氏置のことが《寛政系譜》に〈家康御伽(おとぎ)衆二千五百石〉とあるので,氏置をもって赤松法印と推測することができるが,不明。赤松を名のる講釈師が江戸時代に頻出したことから,赤松家の子孫が〈太平記読み〉となって先祖の偉業を称揚したことが想像される。【関山 和夫】。…

【講談】より

…歴史的には,仏教の経典講釈,法門講談の系列の中に戦記物語が加わり,講釈・講談はしだいに話芸の形態をもつようになったと考えられる。そのことは,講談の源流といえる〈太平記読み〉にしても,その《太平記》の作者が小島法師なる人物として伝えられることや,《太平記》の評論の集大成である《太平記評判秘伝理尽鈔(りじんしよう)》の各地への伝播者に法華法印日応という説教僧があったことなどから察知できる。《平家物語》《源平盛衰記》《太平記》が琵琶法師物語僧によって口演されたのは,仏教における唱導(説教)の変形ともみられる。…

【物語僧】より

…《太平記》作者とされる小嶋法師も物語僧とする見方がある。絵解きと同類で,後の御伽衆(おとぎしゆう)や〈太平記読み〉は物語僧の流れをくむものである。絵解き【加美 宏】。…

※「太平記読み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太平記読みの関連キーワード空板講釈師座講釈太平記講釈赤松梅竜神田伯竜(初代)乾坤坊良斎名和清左衛門原栄宅太平記綱目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太平記読みの関連情報